スマートフォンサイトへ戻る
特定非営利活動法人 merry me'ズ

ブログ

2020年6月セッション

2020年6月セッションでは、『事実と解釈、判断選択3つの基準』『失敗のサイクル成功のサイクル』『セルフカウンセリング』のセッションを、オンラインと会場と同時で開催しました。
20200621_1
セッション受講1年目の学生達からは、
「自分の考え方次第で負のスパイラルから抜け出せると思うと楽になった」
「無計画で物事を進めてしまうことが多く未達成で終わってしまうことがあるので、目標設定して小さなことから実践して継続することが大切だと思った。」
と言った意見がありました。

受講4年目の学生からは、
「自分の判断で多くのことを決断してきて、何事も自分次第で自分が望む結果や目標に繋げられる事が改めて理解できた。」
と言った実感のこもった声がありました。
彼女は、自分が目指していた職種の仕事に就職が決まりました。

メリーミーズでは、複数年かけて繰り返し同じプログラムを学んでいきます。
子ども達がなりたい自分になれるよう、メリーミーズではサポートして参ります。

2020年5月セッション

2020年5月セッションを開催しました。
先月に引き続きオンラインでの開催となりました。
ステイホームの期間が長く続いていますが、作ったカレーを近所に住むあすつなの仲間にお裾分けしたり、最近のトレンドは早起きです!という子も沢山いて、皆それぞれ緊急事態宣言解除後に向けての生活を送ってました。
20200517
2020年5月セッションは、「自分が望む職業」を考える宿題のシェアと、「人生目的と将来ビジョンまとめ」「成功事例及び失敗事例から、自己強み・弱みの分析」を行いました。
難しいテーマではありますが、皆目的を持って進学していますので、自分が興味のあること、何を求めているのか、それは何故か、を見つめて発表してくれました。
また自己の強み弱みにの分析においても、これまでの経験エピソードを交えて、成功要因・失敗要因を、「自分、他者、環境」の観点から分析し、シェアしました。
成功要因のシェアを聴きますと、
諦めなかった自分や努力した自分を思い出し、ライバルや友人の存在に奮起し、環境を整えてくれた施設の方の感謝している気持ちが伺えました。
コロナの影響で厳しい状況が続いていますが、子ども達はワークを通して自分を見つめて、次のステップにむけて前を向いていると感じるセッションでした。

2020年4月セッション

2020年度が始まりました。
今年度は新しい仲間2人が入り、合計7人での出発となりました。
4月に新型コロナウイルスの感染がどんどん拡大をしていき、子ども達からも集まってするのは危険じゃないかと意見もあり、急遽初めてのオンラインセッションを試みました。
幸いにして、子ども達の学校では、すでにオンライン授業が始まっている学校もあり、子ども達の適応能力は素晴らしい!と理事メンバーで絶賛でした。
20200419_1
私達大人も、新しい時代、システムに柔軟に対応できるように日々勉強です。
代表の藤原からは、
「このセッションは毎年同じセッションを繰り返していきます。自分の毎年の成長がわかると思う。
なので、セッション自体も面倒くさいなと思いながら参加するのも1つ。自分の力にしようと参加するのも1つ。この選択は自分で決められる。
あすつなで皆に渡しているお金は全て支援者の方々からのご寄付です。その事をお想い自分の学生生活を有意義にしていってください。」というお話がありました。
20200419_2
第一回のセッションでは、
人生理念、
あなたの求めるものは?
あなたの求めるライフスタイルは?
を題材に自分を知るということについて皆でシェアしながら学びました。
初めての子は中々すぐには答えが出なかったとは思いますが、4年目の子ども達は、自分を客観的に見れるようになってきていて、成長を感じました。
それぞれの個性を大切に自分らしさを見つけていってくれたらいいと思います。

子ども達もコロナの影響を受けており、バイト先も休業が多いとのこと。
そんな時にでも皆さまのご寄付から成り立つ奨学金は、子ども達にとってすごく励みになる大切なお金です。
ご支援頂いている皆様、本当に有り難うございます。

なお、第一回の初めてのオンラインセッションには、ご支援頂いている方々が一緒にご参加くださいました。
お忙しい中、お時間を共有いただけたことに感謝致します。
今年度も子ども達と元気に過ごしていきます。変わらずのご支援を宜しくお願い致します。

卒業式

20200308
進学応援プロジェクトに参加する子ども達の卒業式を行いました。
来年度より社会人となる”卒業生”3名は、4年間もしくは2年間のあすつなでの学びやメリーミーズとの関わり、将来の目標について、子ども達それぞれらしい素敵な発表をしてくれました。
卒業式は、会場手配や卒業式内容の決定、司会進行などなど、全てを子ども達で取り行います。
今回で3回目を迎えましたが、回を重ねるたびに進化していて、みんながとても頼もしかったです。
卒業生は、進学応援プロジェクトあすつなを卒業しますが、メリーミーズとのご縁はこれからも続きます。
社会人となった彼らをこれからも見守り続けます。

活動報告会を開催

20200126
メリーミーズ活動報告会を開催しました。
報告会では、メリーミーズの活動内容報告に加え、児童養護施設出身の2名から発表をいただきました。
懇親会では支援者の皆さまと直接お話ができ、メリーミーズの活動や学生達の生の声をお伝えさせていただきました。

メリーミーズは、2014年にNPO設立した当初から目指しておりました認定NPO法人として、昨年2019年7月22日に認証をいただくことが出来ました。
これもひとえにご支援いただいております皆さまのお陰です。
本当にありがとうございます。
引き続きあたたかいご支援を賜りますと幸いです。
これからもよろしくお願いいたします。

ライブにご招待いただきました

素敵なライブにご招待いただきました!
20200125
OneLoveパーティでご支援いただいております あわわさんから子ども達をライブにご招待いただきました。
はじめは大人な空間に緊張していましたが、徐々に慣れて皆さまと一緒に楽しんでいました。
子ども達に貴重な機会を作っていただき、心より感謝申し上げます。

2019年12月セッション

2019年12月セッションは淡海理事によるお金の話でした。
子どもたちに対し、「みんなは、もう大学や専門学校に入学をし、それぞれ学生生活を送っているので、『どこに行くか?』はもう終ったが、大切な事はその学校で、『何をするか』が大切。
何も目的をもたず学生生活を過ごすのか、目的を持ちその目的に向かって過ごすのかでは凄い差ができる。」という話から始まりました。

20191215
お金には、2通りの性質がある。
①消費
②投資
自分のお金の使い方は消費なのか、投資なのか、考えながら使うことが大事。
投資とは、自分を高めるために使う、将来への自分への投資のこと。
できるだけ、自分への投資にお金を使おう。
できるだけお金は貯めていこう。お金はあっても邪魔にならない。
『自分は常に自分の人生においての経営者』
自分経営をどうしていくかを考える、考えないで生きていくのは、結果が全然違う。
全てにおいて予算を決める。予算を決めれば優先順位が変わってくる。
など、お金に関する色々な考え方を教えて頂きました。
子供達は、真剣に話を聞いていて、普段なにげなく使っているお金に、もっと興味を持ち、考えながら使っていきたいと感想を言っていました。
来年から新社会人になる子どももいるなか、しっかりと自分でお金の管理ができる人になってもらいたいし、自分のためにお金を使い、豊かな人生を送ってもらいたいと思います。

2019年11月セッション

2019年11月セッションでは、ゲスト講師としてキャリアカウンセラーの荒井先生にお越しいただきました。
仕事の選び方や企業が必要としている人材の条件、コミュニケーション力を向上させる具体的な方法を教えていただきました。
その後は、たい焼きカードを使ったゲームを行いました。
たい焼きカードには強みと弱みが裏表に書いてあり、長所も短所も表裏一体であること、またチームに分かれ一人一人の長所を伝え合い、改めて楽しく自分の良さを知る機会となりました。
ご協力いただきました荒井先生、またいつもご支援いただいております支援者の皆様、11月も子ども達の成長に繋がるセッションを行えたこと心より感謝申し上げます。
20191117_2加工

ゲーム『短所を長所に変えたいやき』
20191117_4

2019年10月セッション

2019年10月セッションでは、原因と結果、習慣の法則についてセッションを行いました。
20191020

物事には原因があり結果がある。
無意識の思いと意識の思いがある。
自分の思いや行動で結果は変わり、今ある状態は自分が作り出しているので、自分が望む現実を作るためには無意識下でも行動できる良い習慣を身につけることを学びました。

良い習慣と悪い習慣のシェアでは、
良い習慣
・コーヒー買わず自分で入れて持ち歩く
・160回振らないととまらないアラームで遅刻防止
・朝と夜ニュースを見る
・洗濯物をためない
・ご飯を作る
・早起きして天気予報を見る
・毎日掃除機かける
・家を出る1時間半前から支度を始める

悪い習慣
・二度寝する
・起きる時間と寝る時間がバラバラ
・洗い物をすぐに取り掛からない
・何時間もスマホを触っている
と言った意見がありました。

子ども達の所感

・良い習慣を意識していけば、良い習慣を無意識にでもできる、全て自分次第、人のせいにせず、極度のストレスかかる人には関わらない
・一人暮らしで全て自分がしなくてはならないが、自分でしたいことも責任感を持って取り組む
・無意識に行動する際は、選択肢が何かを考えて、選択した理由を言えるように考えて選択していきたい
・習慣化することは難しいが、意識して習慣化することで無意識でもできるようになるので、事前にできることは早くから取り組む
・習慣づけること意識していきたい、人生ピラミッドの最終目標に向かって土台をしっかり考えて明確にする
・意識と無意識の違い、自分の中で意識から無意識に変換することの難しさを感じた
・これからの自分の行動に責任をもっていきたい、良い習慣と悪い習慣をワークで明確にしたので、良い習慣を続けていきたい

子ども達には、自分の気分が良くなった「良い習慣」を続け、自分達の人生を切り開いて進んでほしいと思います。

メールでのお問い合わせ 公式Facebook

 

スマートフォンサイトへ戻る