スマートフォンサイトへ戻る
特定非営利活動法人 merry me'ズ

ブログ

平成30年8月度セッション&ビジネスマナー講習会

H30.08.19
「進学応援プロジェクト”あすつなプログラム”」と「職業体験と一貫して行う”セッション&ビジネスマナー講習会”」を一緒に実施しています。
今回は、株式会社黒字屋 代表取締役の淡海氏による、お金の話。

お金のやりとりは価値と価値の交換。皆“自分”という会社を経営している経営者であり、 入ってくるお金を上げる(増やす)には自分の価値を上げていく。

そのために大切なのは
・誠実であること→自分で思う誠実さをやり続ける
・時間を大切にする→時間の使い方とお金の使い方は似ている
・遠い未来を見据えること
といったお話がありました。

また、お金の運用についての講義は、家や車など資産になるモノを購入する際は幾らで販売できるかの価値を考える、借金(自己投資含む)をする際は未来を見据える、といったこれまであまり意識をしなかった観点に触れることができたようで、奨学金について価値あるものにしたい、自分の預金を都度把握して生活計画を立てる、等を再決意していました。

子ども達と個人面談

6月末から7月にかけて、あすつなで支援している子ども達と個人面談を行いました。
学校の事や夏休みの予定、将来の夢や職業、お金の管理についてなどを子ども達一人一人と1時間半から2時間ほど話をしました。

個人面談と言っても堅苦しいものではなく、ご飯やお茶をしながらざっくばらんに話しをして、楽しく時間を過ごしました。

その中で施設入所の理由を話す時、子ども達は淡々と話しをしてくれました。
・・・何歳から何故施設に入る事になったのか、施設退所の際に施設の先生から話しを聴くそうです。
本人達もはっきりと覚えているわけではないので、聴いたことをそのまま伝えてくれます。
自分の事ではないような、少し気まずいような・・・。

8月29日の講演では、児童養護施設で暮らす子ども達の現状を、
大阪府立大学 教育福祉学類  
教授 伊藤嘉余子先生が講演してくださいます。
将来を担う子ども達です。
日本にいる約45000人の子ども達の現状について、お聴きになりませんか。

メールでのお問い合わせ 公式Facebook

 

スマートフォンサイトへ戻る